花の色の意味と象徴の究極のリスト

色々な花

世界には色が溢れていますが、花も例外ではありません。世界にはさまざまな色の花があり、それぞれに意味や象徴があります。もし、花言葉を理解できたら素敵だと思いませんか?

花は種類によって、形や大きさ、色などが多種多様です。また、その色は、特定の機会やイベントのためだけでなく、その歴史に基づいた象徴的なものである場合もあります。もし、あなたが誰かにプレゼントしたり、飾ったりするのにふさわしい花を探しているなら、このリストが役に立つでしょう。

花の色と意味の究極のリストをご紹介しますので、誰かへの愛と感謝を簡単に示すことができますよ。

花の色による意味

下の表は、一般的な花の色の意味を説明しています。

花の色の意味と象徴

黄色 友情、家族愛、信頼、尊敬、幸福、思いやり、よくやった、暖かさ
情熱、欲望、誘惑、ロマンチックな愛
オレンジ 明るさ、幸せ、喜び、自発性、冒険
ピンク 感受性、無邪気さ、遊び心、女性らしさ、繊細さ、思慮深さ、自発性
自然との調和、バランス、幸福、若さ、健康、幸運
セレニティ、冷静さ、熟考、親密さ、至福、信頼、共感
ロイヤルティ、優雅さ、魅力、エレガンス、洗練、ロマンス、重要な転機
純粋、完璧さ、誠実さ、結婚、コミットメント、無邪気さ、忠実さ、不滅の愛
ミックス ハーモニー、興奮、冒険

花言葉を理解する

あなたは花言葉を知っていますか?たくさんの花とその意味について、もっと詳しいガイドが欲しいですか?

ここでは、どんな場面にもぴったりの花を見つけるための簡単なヒントをご紹介します。この究極の花の色と意味のリストを考えれば、あなたは常に正しいことを言い、花の象徴を理解することができるでしょう!

死を象徴する花

葬儀場で愛する人に贈られる、死を象徴する白いユリの花を見たことがあるでしょう。しかし、死を象徴する花は他にもたくさんあり、それぞれに固有の意味があります。

乾燥した葉や松ぼっくりを使ったリースも、命を絶ったことを表しています。カーネーションは「時代の終わり」を意味し、バラは「人生の祝福」または「人生の終わり」を意味します。

力強さを象徴する花

強さを象徴する花としては、グラジオラスが挙げられます。丈夫で長持ちするこの植物は、肉体的にも性格的にも、人間がいかに強くなれるかを思い出させてくれます。

家族を象徴する花

ライラック、クチナシ、ヒヤシンスなどの花は、子供を連想させることから、家族を連想させる花であることがわかります。デイリリーも、母性や母の日を象徴する花として、家族と密接に結びついています。

また、シンケフォイルという植物もあります。この黄色い花は母性愛を象徴していますが、愛すべき子供、特に娘を表現するのにも使えます。

愛を象徴する花

愛を象徴する花はたくさんありますが、その中でも代表的なのが赤いバラです。バレンタインデーに店先で見かけることが多い赤いバラは、真実の愛、ロマンス、情熱、欲望を象徴しています。結婚生活における至福の時や、相手への永遠の愛を表すのに最適な花です。

もうひとつの選択肢はアスターです。この植物は、ギリシャ神話で神々のための祭壇に置かれていたものです。赤、白、ピンク、ライラック、モーヴなどの色合いがあり、深い感情的な愛を伝えることができます。

カーネーションもまた、真実の愛を象徴する古典的な花です。赤いカーネーションを贈れば、ロマンチックに相手を思う気持ちを伝えることができ、白いカーネーションを贈れば、純粋で長く続く愛を表すことができます。

他にも、ヒナギク、クチナシ、デルフィニウム、ラン、バラなどが愛を象徴する花として知られています。

希望を象徴する花

生まれつき「希望」を持っていない人もいますが、それを象徴する花は必ずあります。チューリップやヒナギクは人生の希望を表し、バラは人生を精一杯生きようとする気持ちを表します。

輪廻転生を信じる人は、死後、愛する人の墓に花を入れた骨壷を置き、いつかまた花を楽しむことができるようにすることもできます。

生まれ変わりを象徴する花

生まれ変わりを象徴する花があることをご存知ですか?例えば、ポピーは深い意味を持つ花です。ポピーは、第一次世界大戦や第二次世界大戦の初期に連想されてきました。これは、古代ギリシャ人がポピーを不老不死の魔法の植物と信じていたことに由来します。

また、再生を象徴する花として、水仙があります。水仙は、冬の暗闇から抜け出して春の光の中に入るという、新たな始まりを象徴しています。

癒しを象徴する花

癒しを必要としている人に願いを込めて贈るのに適した花を探すとなると、選択肢には事欠きません。ジャスミン、ラベンダー、キンセンカ、パッションフラワー、バラなどの植物には薬効があり、癒しを象徴していますので、心を癒してくれる花を選びましょう。

平和を象徴する花

白バラは、平和と無邪気さの象徴です。赤いバラは、愛、美、情熱の象徴です。一般的に、黄色の花は喜びを表します。

生命を象徴する花

ストックは幸せな生活を象徴する花であり、シャクヤクもそうです。新しい始まりと生命の美しさを意味する観葉植物を探しているなら、カラテアを選んでみてはいかがでしょうか。

純潔を象徴する花

純潔を象徴する花は、白を基調とした花であれば何でもいいのですが、より具体的な花を探しているのであれば、ヒナギク、クチナシ、ライラック、オレンジブロッサム、ホワイトローズなどを贈るといいでしょう。これらの花はすべて、純粋さと無邪気さを表しています。

幸福を象徴する花

どんな花をもらっても嬉しいものですが、花には幸せを象徴するものがあることをご存知ですか?

幸福を象徴する花としては、ホリー、スズラン(幸福への回帰)、ピンクとイエローのバラ、ステファノチス、ホワイトスミレなどが挙げられます。

友情を象徴する花

亡くなった友人の思い出を象徴する花を贈りたい場合は、ジニアがお勧めです。他にも、黄色いバラ、アイビー、フリージア、キク、アカシアなどが友情を象徴する花として挙げられます。

変化を象徴する花

変化を象徴する花としては、チューリップ、水仙、パンジーなどが有名です。これらの花には、過去を思い出しながら人生の新たな章を祝うという意味が込められています。

チューリップは明るい未来への希望を、水仙は悲しみや絶望からの再生を象徴しています。パンジーは愛の変化を意味することで知られており、"愛はすべてを克服する "と言われています。

王室を象徴する花

ラベンダーは、威厳、知恵、王族を象徴しています。ラベンダーは何世紀にもわたって王室で使用され、その地位と貴重な資源から得られる富を示してきました。また、神経を落ち着かせたり、胃の不快感を和らげたりする薬効成分も含まれています。

古代エジプトでは、王族を象徴する花として、さまざまな種類の花が栽培されていました。その中のひとつであるアイリスは、威信、希望、権力を象徴する花として、現在でも結婚式や卒業式などで使用されています。

新たな出発を象徴する花

相手に「やり直し」や「新しいスタート」のメッセージを送りたいとき、それに適した花があります。デイジーはその一つで、歴史的に無邪気さや純粋さの象徴として使われてきました。

チューリップや水仙は、春の始まりを象徴する花であり、希望、再生、成長を意味します。また、アイリスやユリなども、このような気持ちを表す花です。

追憶を象徴する花

追憶を象徴する花は何でしょうか。追悼の意を表す花としては、白いバラが最もふさわしいと考える人もいますが、実際にはなかなか見つかりません。多くの国では、ポピーで代用されています。

ポピーの花がリメンブランスを象徴するのは、第一次世界大戦の兵士がユニフォームのエンブレムとして使用し、"リメンブランス・デイ・フラワー "として知られるようになったからです。

鮮やかな色の紙製の花を記念碑や墓石に飾る文化もあります。また、エリザベス2世が愛した水仙や谷間の花なども象徴的な意味を持つ植物です。

繁殖力を象徴する花

古代では、花は豊穣を象徴するものとして用いられていました。エジプトではケシやバラが神聖視されていました。ギリシャ神話では、アフロディーテが白百合の入ったシーフォームから生まれたとされています。これらの花は、現在でも愛と美を連想させますが、豊穣の鍵となる「生命」をも表しています。

古代エジプトでは、蓮は再生とナイル川からの生命力あふれる水を連想させることから、豊穣を象徴する花としても適しています。

誕生を象徴する花

1月生まれにはカーネーションやスノードロップ、6月生まれにはバラやスイカズラといったように、誕生月に合わせて花を選ぶことは、誕生を象徴する素晴らしい方法ですが、それ以外にも誕生を象徴する花はいくつかあります。スイートピー、ラッパズイセン、スノードロップなどです。

自由を象徴する花

自由を象徴する花には、鶴の花、フリージア、ミルクウィード、ユリなど、ユニークなものがたくさんあります。個性的で珍しい花ほど、自由を象徴する花としてふさわしいといえます。

悲しみを象徴する花

お葬式などで花を贈る場合、慰めや同情の意味を込めた花を探すのは大変ですよね。もちろん、悲しみを表現する花も選びたいものです。そのためには、ヒヤシンスなどを選ぶとよいでしょう。特に紫のヒヤシンスは、圧倒的な悲しみとともに、「ごめんなさい」というメッセージを伝えることができます。

忠誠心を象徴する花

アスターは、信念、勇気、理解などの美徳と同様に、忠誠心を象徴する花として最もよく使われます。

感謝の気持ちを表す花

感謝の気持ちを象徴する花はたくさんあります。代表的なものには、グローブフラワー、ダイアンサス、ベルフラワーなどがあります。ブルーベルは最も一般的に感謝を象徴し、ピンク色の他の多くの花もそうです。

喪失を象徴する花

悲しみの中で贈られる花の代表的なものに、白百合があります。お葬式のイメージが強い花ですが、新しい命を象徴する花としても使われています。

葬儀の際には、バラやヒナギクなど、他の種類の白い花が贈られることもあります。

美しさを象徴する花

美しさを象徴する花はほとんどありませんが、その中でも「カラユリ」は、あなたが伝えたいメッセージに最適です。この豪華な植物は、"壮大な美しさ "という意味に解釈されます。

後悔を象徴する花

後悔を象徴する花としては、パープルヒヤシンスが選ばれることが多いようです。この花束を贈ることで、特定の状況について悲しんでいることや、相手に許してもらいたいことを伝えることができます。

幸運を象徴する花

四つ葉のクローバーは幸運の象徴とされていますが、幸運を伝えたいときに贈る花はたくさんあります。特に女性に贈る場合は、白いカーネーションや、結婚生活に幸運と愛をもたらすマートルなどがその代表例です。

火を象徴する花

火を象徴する花もあります。赤いカーネーションは「あなたは私の心の中の炎です!」というメッセージを相手に伝え、他にも「火の花」として、ルシファー・カンナ・リリー、サーカス・ローズ、アップティック・ゴールド・コレオプシス、ブロンズ・コレオプシスなどがあります。

姉妹愛を象徴する花

姉妹愛を象徴する花はたくさんありますが、一緒に贈る場合は、イエローゴールデンロッドとブルーアスターが最適です。

商売繁盛を象徴する花

牡丹は、繁栄と名誉を象徴する古典的な花です。中国では一般的にこの花が贈られています。ペルー産のユリは、富と幸運の両方を象徴する花として知られています。また、アリウムは団結と忍耐を意味する花です。

許しを象徴する花

許す気持ちを表す花はたくさんありますが、ホワイトチューリップほど適した花はありません。許しを意味するだけでなく、価値と誠意のメッセージを伝えるのにも使用できます。

怒りを象徴する花

怒りの感情を表現する花の色は、赤が適しています。牡丹や黒薔薇など、怒りを表す花を選んでみましょう。

信仰を象徴する花

信仰を象徴する花はいくつかあります。しかし、その中でも特によく贈られる花は、バイオレットとウォールフラワーです。ウォールフラワーは、逆境の中での誠実さを表すために贈られることが多いようです。

成長を象徴する花

精神的な成長や変化を象徴する花としては、デルフィニウムがお勧めです。また、ライラックもあらゆる種類の成長を象徴する花として使えます。

知性を象徴する花

相手のことを賢いと思っていることを伝えるには、知恵と褒め言葉を象徴するパープルアイリスや、セージなどを選ぶとよいでしょう。セージは尊敬の意味でも使われます。

寂しさを象徴する花

孤独を象徴する植物はたくさんあります。このメッセージを伝えるには、キノコのような菌類が最適ですが、誰が誰かに菌類のボールをあげたいと思いますか?一輪挿しの水仙やカーネーション、黄色の菊などを贈るとよいでしょう。

力強さと癒しを象徴する花

力強さや癒しを象徴する花はたくさんあります。上記でご紹介したヒーリングブーケの選択肢は、それ自体が素晴らしい選択肢です。しかし、よりインパクトのある花束にしたいのであれば、タイムや蘭などの植物を贈ることをお勧めします。特に蘭は、緑やオレンジの色をしていると健康や癒しを意味します。

優しさを象徴する花

ビクトリア朝の花言葉によると、ブルーベルは「優しさ」との関係が深く、ヴィクトリア朝時代から「優しさ」という人間の資質と結び付けられてきました。

時間を象徴する花

時間の経過や長寿を象徴する花としては、プルメリアやアマランサスがあります。アマランサスは不老不死のメッセージにも使われています。

健康を象徴する花

健康を象徴する花としては、緑色の花がよいでしょう。特にグリーンオーキッドは良い選択です。

根気強さを象徴する花

根気強さを伝えるには、タンポポやモクレンの花、スッポンの花などがおすすめです。これらの花は何があっても頑張ることができる花です。

贈るのに最適な花は何がいい?

新しい品種を探している花好きの方は、花の色と意味のリストを参考にしてみてください。

この花の意味を参考にして、自分の庭に華やかな花を咲かせてみてはいかがでしょうか。どんな意味を伝えたいのかに関わらず、裏庭にカラフルな植物を植えれば、毎回的を射た花を贈ることができるでしょう。

花についてもっと詳しく知りたい方は、干支の花、誕生の花などのガイドをご覧ください。

-