バラの意味と色の違いによる象徴性

バラ

誕生日やバレンタインデーなど、好きな人にどんな花を贈ろうかと考えたとき、バラが一番の選択肢であることはすでにご存知でしょう。

バラ(Rosa)は古典的な美しさを持ち、どの色の花束を選んでも控えめなエレガンスがあります。古典的な涙の形は、昔からロマンスと気品を象徴していますが、自分に合った色はどうやって決めたらいいのでしょうか?バラにはどのような意味があるのでしょうか?

何十種類ものバラの色があり、その数は圧倒的です。この記事では、バラの色とその意味をご紹介しますので、シーンに合ったバラを選ぶことができます。

なぜ薔薇を贈るのか?

そもそも、なぜバラを選ぶのでしょうか?花の種類が多くて迷っている方には、バラを選ぶ理由がたくさんあります。

ひとつは、バラが愛の象徴であること。古代ギリシャやローマでは、この花を使って心からの気持ちを表現していたそうです。

バラの花を贈ることは、自分の心の中にある感情と花の贈り物を結びつける良い方法です。同情、愛、ロマンス、愛情、喜びなど、どのような気持ちであっても、バラを贈ることはあなたの思いを伝える素晴らしい方法です。

バラにはたくさんの種類がありますが、その中から選ぶことができます。以下に、それぞれの色の意味と象徴をご紹介します。

色によるバラの象徴

バラは、純白から深く濃い黒まで、ほぼすべての色で見つけることができます。花言葉は、それぞれの色に込められた意味を知ることで、より良いメッセージを送ることができます。

白いバラは、無邪気さ、純粋さ、愛など、さまざまなものを象徴しています。冠婚葬祭でよく贈られます。白は、新しいスタートを意味しています。また、希望や喜びを表すこともあります。

イギリスでは、処女だけが棘のないバラを咲かせることができると信じられていたため、王妃のシンボルとなっていました。フランスでは、第一次世界大戦中、白いバラは平和の象徴とされていました。

黄色

黄色いバラの意味は長い間議論されてきた。友情や忠誠心を象徴しているという人もいれば、愛を表現しているという人もいます。いずれにしても、特別な理由や機会のために、この美しい花を生活に取り入れる方法はたくさんあります。

黄色いバラは、暖かさや喜び、愛情を表現するのにも使われます。かつては嫉妬の感情を表現するために使われていましたが、最近では幸いなことにそのようなことはほとんどありません。

アイボリー

ホワイトローズと同様、アイボリーローズも純粋さと美しさの象徴です。歴史上、多くの文化で処女性、貞節、貞節の象徴として用いられてきました。ヴィクトリア朝時代には、結婚を誓ったばかりの人に贈られるのが一般的でした。

アイボリーローズは、白バラとは全く異なる意味を持つ場合もあります。優雅さ、魅力、思慮深さ、完璧さを伝えることができます。アイボリーローズを贈ることは、ロマンチックな意図がなくても、あなたが気にかけていることを示す良い方法です。アイボリーのバラとユーカリを組み合わせた花束を贈ると、とても魅力的なディスプレイになりますよ。

ピーチ

ピーチ・ローズは、愛、純粋さ、優しさの象徴です。ピーチの色は古くから女性らしさを連想させ、花の香りは若々しい無邪気さを連想させると言われています。この美しい花が、婚約や結婚式のフラワーアレンジメントによく使われるのも不思議ではありません。

また、ピーチローズは、謙虚さや誠実さを象徴する花でもあります。また、お礼の贈り物としても最適で、ビジネスを成功させるための素敵なプレゼントにもなります。

オレンジ

オレンジ色のバラは、愛と情熱の象徴です。愛されたいという願望や、問題から逃げない人を求めていることを表しています。また、オレンジ色のバラは、人間関係における暖かさや安定性を表すこともあります。

幸福、愛、幸運を象徴しています。また、商売繁盛の兆しとも言われており、すべてがうまくいくことを示しています。オレンジ色のバラは、他のバラよりも寒さに強いことから、多くの文化で希望と再生のシンボルとして使われてきました。

レッド

赤はバラの代表的な色で、バレンタインデーに選ばれる最も人気のある花のひとつです。それは、この花が愛とロマンス、そして情熱的な欲望を象徴しているからです。

時には、赤いバラがブライダルブーケに使われることがありますが、これは結婚生活の幸福と真の尊敬を意味しています。この花は、献身と情熱を表すことができます。

バーガンディ

バーガンディも珍しい色のバラで、無意識の美しさと情熱や願望を意味します。

コーラル

珊瑚色のバラは、強い欲望、魅力、エネルギーを表します。珊瑚色のバラを贈ることで、相手の精神を称賛したり、誇りに思っていることを伝えることができます。どんな花を贈っても、きっと元気をもらえるでしょう。

クリーム

アイボリーや白のバラと同様に、クリーム色のバラは魅力と思いやりを意味します。お見舞いの花束もクリーム色のバラがおすすめです。

チェリーブランデー

もう一つの美しい(しかし珍しい)バラの色は、チェリーブランデーです。この濃いオレンジ色は、黄色のバラと組み合わせて、プレゼントを受け取った人に様々な形で感謝の気持ちを伝えます。チェリーブランデーは、贈る側にとっても、強い感謝と情熱のメッセージを伝えることができます。

チェリーブランデーのバラの花束を贈ることは、"私はここに留まり、いつまでもあなたから離れるつもりはありません "ということを伝える素晴らしい方法です。

ラベンダー

ラベンダーは一般的なバラの色ではありませんが、最も魅力的な色の一つであることは間違いありません。この花は、素晴らしさ、不思議さ、魅惑、神秘に結びついた象徴であり、一目惚れの象徴としてもよく使われます。

好きな人がいて、どうやって伝えればいいかわからないときは、ラベンダーのバラの花束を贈るといいでしょう。

ダークピンク

ほとんどの人は、ピンクのバラはすべて同じ意味だと思っていますが、そうではありません。例えば、濃いピンクのバラは、感謝の気持ちを象徴しているので、シンプルに「ありがとう」と伝えることができます。ロマンチックさと甘さを兼ね備えています。

ライトピンク

淡いピンクは、喜び、優しさ、女性らしさ、優雅さを象徴しています。淡いピンク色のバラの花束を贈ることで、相手を賞賛し、喜んでいることを伝えるのに適しています。

ブルー

ブルーのバラはハイブリッド品種が多く、神秘と可能性を表します。この花を花束にして友人に贈ると、"あなたは素晴らしくてユニークだ!"という気持ちを伝えることができます。自分の太鼓の音に合わせて行動する傾向のある人にぴったりの植物です。

ライラック

淡い紫色をしたライラックのバラは、相手に未来への意思を伝えることができます。大切な人に恋愛感情を抱いていることを伝えたい場合や、片思いの相手に好きだということを匂わせたい場合には、ライラックのバラがぴったりです。

パープル

ディープパープルのバラは珍しい色です。深い紫には神秘的で荘厳な意味合いがあり、王族や一目惚れなどの象徴として使われます。紫のバラを贈ることは、あなたが相手を尊敬し、相手の意見を尊重していることを示す素晴らしい方法です。

グリーンは、バラの色としてはあまりポピュラーではありませんが、存在感のある色です。このグリーンのバラは、若返り、豊穣、生命を意味します。豊かな成長を意味し、バランスと平和の感覚を付与するために使用することができます。

ブラック

黒のバラは憂鬱で悲しい印象を与えるかもしれませんが、この花の色には多くの意味が込められています。黒は弔いや死を意味することが多いので、お葬式では必ず目にします。しかし、黒バラの使い方はそれだけではありません。

黒のバラには、よりポジティブな意味合いもあり、変化や新しい始まりを象徴するように使われることもあります。また、希望、勇気、自信を象徴するものでもあります。

多色のバラ

バラの中には、一輪の花に複数の色があるものがあり、育てる楽しみがあります。どんな花が咲くかわからないし、まったく同じ花が咲くこともありません。

もし誰かに色とりどりのバラを贈るなら、友情や愛のメッセージを送るのに適していますし、感謝の気持ちを伝えるのにも適しています。色とりどりのバラの意味を読み解くには、それぞれの色が何を意味するかを考え、それぞれの意味を組み合わせて大きなメッセージを表現してみましょう。

ミックスブーケ

色とりどりのバラと同じように、さまざまな色のバラを使った花束は、色合いを混ぜ合わせてメッセージを伝えることができます。例えば、黄色と赤のバラの花束は、陽気なメッセージを伝えることができますし、白と赤のバラの花束は、愛と団結を象徴していますので、ウェディングブーケには適しています。

最適なバラの色を選ぶ

どのようなメッセージを伝えようとしているかにかかわらず、バラがその絶好の機会を与えてくれる可能性は高い。

バラの花束で伝えられることはたくさんあります。それぞれの色に込められたバラの意味は、あなたの真意を伝えるのに最適なものです。

-