タンポポの花の意味とシンボリズム

タンポポ

中庭に生えているタンポポを抜こうと思ったら、ちょっと待って!その前に、タンポポの花の深い意味と象徴を考えてみてはいかがでしょうか。

タンポポはほとんどの庭に見られる一般的な草ですが、そこにはスピリチュアルな意味が込められていることをご存知でしょうか。 私は何世紀にもわたって、光、希望、癒しの象徴として使われてきました。

タンポポの意味とは?

タンポポは、キク科の大きな草花の一部で、主にタンポポと呼ばれる植物だけが存在します。

一般名のdandelionは、フランス語の "dentdelion "が転訛したもので、ライオンの歯を意味し、植物の粗い歯のついた葉を意味します。

また、ブロウボール、ドーンヘッドクロック、キャンカーワーム、ミルクウィッチ、魔女のゴワン、イエローゴワン、ライオンの歯、アイリッシュデイジー、プリーストクラウン、パフボール、プリーストスクラウンなどの名前で呼ばれています。

後者の名前は、タンポポの文化的伝統(下記に詳しく説明します)と、タンポポの根を食べると強い殺菌効果があることから、このように呼ばれることが多いです。

タンポポの花は何を象徴しているのですか?

タンポポはほとんどの人が雑草と認識している植物です。見過ごされがちですが、その背景にある物語を知っている人にとっては重要な意味を持っています。昔、タンポポはその黄色い色から「小便小僧」と呼ばれていました。種を集めて風に吹かせれば、あなたもジーザスに認められます。

タンポポは富と繁栄の象徴であり、この花が結婚したばかりの人に喜ばれた理由でもあります。

タンポポは春の象徴であり、あらゆる土壌に生育し、歩道や街中でも雑草として人目に触れることがあります。

タンポポは「希望」「愛」「幸福」の象徴であり、その黄色い花びらは、太陽の輝きと人生の善行を表しています。

タンポポは、希望と回復力のシンボルと考えられています。タンポポは、厳冬、汚染、干ばつ、踏みつけられたり、車に轢かれたりしても、すべてに耐えることができ、逆境から素早く立ち直り、成長し続けることができます。

タンポポの花の文化的意義とは?

例えば、日本ではどこにでも生えていることから「勇気」を表し、ヨーロッパでは「未来への希望」や「誠実さ」、「愛」を象徴しています。

古代エジプト人がワインを作るために栽培したのが始まりで、他の文化ではビールを作るために栽培されていましたが、現在ではほとんど見られなくなりました。 それだけでなく、ヨーロッパや中国では薬用として栽培されていたこともあり、家畜の餌としても使われています。

フランスでは、暴風雨の後、みんなが寝静まった頃に寒さで歯が飛び散っていることから「pissenlit」(「濡れた床」の意)と呼ばれています。

 

どんなときにタンポポの花をプレゼントするの?

タンポポの花をプレゼントするのはどんなとき? タンポポは美しい花で、黄色の花を咲かせて空間を明るくしてくれます。また、舗装の割れ目や土の隙間からでも育つ丈夫な植物です。

歴史的に見ても、タンポポは薬用や実用性の高い植物として知られていますので、タンポポの花を贈ることができない場面はほとんどありません。

-