12ヶ月の誕生花。花の起源、意味、シンボル化

自分の誕生月を表すものといえば、星座や誕生石を思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、もうひとつの興味深いシンボルが誕生花であり、これらを知って驚く人もいます。

この包括的なガイドでは、各月の誕生花が何であるか、そしてそれがあなたについて何を語っているかを知ることができます。

干支や宝石と同じように、これらの花にも独自の特徴があり、その月に生まれた人に特定の特徴を与えると考えられています。

歴史上、1年の月を表すのに重要な花が選ばれてきましたが、それは植物学的な意味合いや、花にまつわる物語、そしてその意味合いによるものです。

特にイギリスとアメリカでは、花の意味を独自に発展させ、メッセージを伝えるために花を使うことが人気の伝統となっています。

花は言葉の代わりに贈られると言われていますが、誕生花を知ることで、花を贈ることに全く新しい意味が生まれ、花や贈られた人への感謝の気持ちがより一層深まるのではないでしょうか。

1月の誕生花

カーネーション

カーネーションは1月の花

カーネーションは1月生まれの人の花とされています。世界中で栽培されている代表的な花の一つです。

学名はDianthus caryophyllusで、ギリシャ語の「dios」と「anthos」から、「神々の花」と訳されています。

一般名のカーネーションは、初期のギリシャ人やローマ人が花輪として使用していたことから、「戴冠式」または「コロネ」に由来すると考えられている。

カーネーションはヨーロッパとアジアが原産で、現在、世界の主な生産地はコロンビアと中国である。

カーネーションには、一年草のカーネーション、ボーダーカーネーション、万年草のカーネーションの3種類があり、栽培されています。

カーネーションは本来、多年草であるが、交配により一年草となり、特に温室では連続して花を咲かせるようになった。

一般的に庭に植えられているのはボーダーカーネーションで、現在栽培されているカーネーションの中では最も古く、パーペチュアルカーネーションは最も新しいものである。

ウィリアム・シムが開発した永久咲カーネーション「シムシリーズ」は、世界の切り花市場で人気のある品種の基礎となった。

縁取りされた深い香りのするカーネーションの花には、さまざまな意味があり、色もさまざまである。一般的にカーネーションには、「区別」「愛」「魅惑」といった意味がある。赤は賞賛、白は純愛と追憶、ストライプは後悔と拒絶、黄色は陽気と拒絶の両方を意味する。

ピンクのカーネーションがこの世に登場したきっかけについては、キリスト教の伝説があります。イエスが十字架を背負ったとき、聖母マリアが涙を流し、その涙の落ちたところにピンクのカーネーションが生えてきた。それ以来、ピンクのカーネーションは母の愛の象徴となり、母の日に飾られるようになりました(1)。

スノードロップ

スノードロップは1月の花

スノードロップは寒い冬に咲く花で、アメリカ人はスノードロップを1年の最初の月と結びつけました。スノードロップは球根から成長しますが、これはアマリリスという小さな家族の特徴として知られています。

属名のGalanthus(ガランサス)は、花の色にちなんでミルクフラワーと訳されています。ヨーロッパや小アジアが原産の植物で、関節炎や消化器系の病気を治す薬として広く使われていました。繊細な花が魅力の植物で、庭や歩道を華やかにするために大量に栽培されています(4)。

スノードロップは約20種しか知られていない。最も多く繁殖しているのは、高さ3〜6インチの株に小さな可憐な花を咲かせるG. nivalisと、高さ16インチまで成長して大きな花を咲かせるG. elwesiiの2種類である。

現在では1000以上の品種が存在するが、この繊細な植物は絶滅の危機に瀕している。現在では国際的に取引されないように保護されており、この美しい冬の植物の栽培と繁殖に力が注がれている。

スノードロップの象徴としては、厳しい寒さの中でも花を咲かせ、生き抜く力を持っていることから、希望の象徴とされています。また、スノードロップには痛みを和らげる薬効があることから、勇気の象徴とされ、贈り物として贈られると、新たな幸せのきっかけを作ってくれると言われています。

聖書には、アダムとイブがエデンの園から追放された時の話が出てきます。不毛の地に囲まれて泣いていた二人を哀れに思った神が、天使を遣わして雪を降らせたところ、雪が降ったところに小さくて繊細なスノードロップが生えてきたという逸話があります(4)。

2月の誕生花

ヴァイオレット

ヴァイオレットは2月の花

バレンタインデーにはバラの花が贈られますが、2月を象徴する花は英語ではバイオレットです。聖バレンタインがこの花を好んで愛で、亡命中に愛の手紙を書くときにスミレの花をインクとして使ったという伝説があります。

この花はスミレ科に属し、最もポピュラーな種は科学的にViola odorataと呼ばれています。シェイクスピアの『真夏の夜の夢』では、この花を使って非常に強力な愛の霊薬が作られている。

実際には、惚れ薬としての使用についてはあまり知られていないが、スミレは咳、喘息、不眠症などに効果があることが証明されている。

スミレは食用の花でもあり、ジャムやお茶、サラダなどに利用される。現在知られているスミレには大きく分けて2つのグループがある。

主なグループは、パンジーまたはツノスミレ(Viola cornuta)で、世界の温帯地域で栽培されています。温暖な地域では、これらのスミレは多年草として栽培されています。色のバリエーションが豊富で、淡い香りがするものもある。

一方、ジョニー・ジャンプ(Viola tricolor)は一年草です。花の色が紫、白、黄色であることから、「トリコロール」と呼ばれています(6)。スミレは冷涼な環境でよく育ち、冬の寝床植物として人気があります。

ローマ神話では、ヴィーナスがキューピッドに、彼女と陽気な女の子たちの間で最も可愛い人を選ばせたと言われている。いたずら好きのキューピッドが彼女たちを選んだところ、ヴィーナスは怒って彼女たちを殴り、スミレに変えてしまいました。

それ以来、ローマ人はスミレを死やお葬式と結びつけてきましたが、花言葉はロマンス、騎士道、愛などです。紫を基調としたスミレは誠実な愛を意味し、白は素直さ、単純さ、無邪気さを象徴しています。

アイリス

アイリスは2月の花

アイリスは、ギリシャ神話の虹の女神の名前であり、様々な色を持つ植物にふさわしい名前です。また、イギリスではアイリスの花は、春に咲く紫色のアイリス・バーシカラー(Iris versicolor)の2月の花とされています。

花は6弁で、直立した3つの花を「スタンダード」、垂れ下がった3つの花を「フォール」と呼び、それぞれに特徴があります。直立した3枚の花びらは、信仰、勇気、知恵を象徴していると言われています。

花菖蒲は、花托と呼ばれる特殊な植物体から成長しますが、大きく分けて、ヒゲ付き、ヒゲ無し、トキメキの3種類があります。ヒゲアヤメ(I. germanica)は、花びらの外側がカールして「ヒゲ」のように見えることからその名がついた。

丈夫なタイプで、最も育てやすいとされています。ヒゲのないアヤメ(I. sibirica)は、花弁が滑らかで葉が薄く、トキメキのあるアヤメ(I. cristata)は、オレンジや黄色の稜線が滝のようにあるのが特徴です。花菖蒲の色は、黄色、ピンク、紫、青などがあります)。

菖蒲の花の意味は国によって違います。世界中で象徴的な花として親しまれてきました。日本では邪気や災いを払うために花菖蒲を吊るしたり、お祝いのメッセージとして花束を贈ったりします。

アイリスはフランスの国花でもあり、フルール・ド・リス紋章のシンボルにもなっています。これは、フランスの初代王クローヴィスが戦いの最中に沼地でアイリスを見つけ、幸運をもたらしたと言われていることに由来します。

また、ギリシャでは、死者が死後の世界へと旅立つ道しるべとして、紫色のアイリスが墓に植えられていました。

サクラソウ

サクラソウは2月の花

アメリカ人にとって、サクラソウは2月の花です。単純なサクラソウは、科学的にはPrimula vulgarisと呼ばれる。名前は「最初のバラ」と訳されますが、バラ科の花ではありません。

この名前は、春に最初に咲く花の一つであることに由来しているのかもしれない。ヨーロッパ原産のサクラソウは、ヨーロッパの家や公園などで、鉢植えや寝床として飾られている)。

サクラソウの栽培は盛んに行われており、数多くの交配種が存在する。これは、サクラソウが自然に適応し、交配しやすい性質を持っているからだと考えられている。

その魅力的な花は、雌花の部分が目立つ「ピンアイ」と、雄花の部分が見える「ツリ目」の2種類に分類される。これにより、昆虫による交配が可能になり、より多様なサクラソウが生まれるのです。

ドイツの民話にはサクラソウの話が多く、ある伝説では、入り口にサクラソウが生い茂る魔法の城があるという。人間が入ると、部屋の中は花で覆われた金や宝石でいっぱいになり、宝物が奪われると、サクラソウを元に戻さなければ永遠に黒い犬に悩まされるというものです。

サクラソウは、若さと若い愛の象徴です。この花を受け取ることは、送り手が受け手なしでは生きられないことを意味します。

3月の誕生花

水仙(すいせん)

水仙は3月の花

水仙は、イギリス人にとってもアメリカ人にとっても、3月に咲く黄色くて垂れ下がった花です。イベリア半島を原産地とするアマリッド科に属する球根から栽培される観賞用植物である。

野生の水仙は学術的にはNarcissus pseudonarcissusと呼ばれ、興味深いことにギリシャ神話のNarcissusという人物が元になっている。

ナルキッソスは、池に映る自分の姿に恋をしたハンサムな青年でした。ナルキッソスは、池に映る自分の姿に恋をし、池のほとりで自分の姿が出てくるのを待っていたが、自分の姿が消えてしまい、代わりに、池を見つめるように花が垂れ下がった植物が生えてきた。

水仙の特徴は、一般的にカップやトランペットと呼ばれるコロナです。

この植物の栽培品種は、この植物の部分の種類によって分類されています。バタフライタイプはコロナが分裂し、フリル状になっているもの。例えば「ベルリン」という品種は、花弁が黄色で中心がオレンジ色です。

また、八重咲き水仙には、花びらが二重のもの、コロナが二重のもの、あるいはその両方があるものがあります。例えば「リプレット」は花びらが白く、中心がオレンジ色をしています。

交配により、水仙の花の種類は増えたが、切り花や観賞用植物として生産量が多いにもかかわらず、植物のすべての部分が人間や動物、さらには他の植物に対して毒性があることを知っておく必要がある。

水仙がギリシャ神話と結びついているためか、水仙はエゴイズムや利己主義を連想させる人もいます。

しかし、水仙が家庭的な幸福や再生を象徴する理由もそこにあるのかもしれません。水仙は厳しい冬の後、春に咲くのですが、それ自体が人生の転換を意味しているのです。

4月の誕生花

デイジー

デイジーは4月の花

イギリスでは、4月の花はデイジーと呼ばれています。名前の由来は、太陽が昇ると花が開く様子から「day's eye」と呼ばれるようになったそうです。デイジーとは、キク科の幅広い属の花を指しますが、多くの人がデイジーを代表する古典的な花は、白い花びらを持ち、黄色の中心を持つBellis perrenisです。

ベリスの名前は、ラテン語で可愛いという意味の「bellus」に由来するという説があります。また、戦場で兵士の傷の治療に使われていたことから、ラテン語で戦争を意味する「bello」からきているという説もある。

デイジーはヨーロッパや西アジアが原産の植物で、薬効以外にもフラワーアレンジメントやガーデンデザインに広く使われています。ヒナギクの仲間は非常に大きく、様々な色のヒナギクが数多く存在する。

代表的なものは 植物学者ルーサー・バーバンクが品種改良した、花びらの色が同じで中心部が黄色く大きくなるシャスタ・デイジー、庭園で栽培され、紫から赤までの色で蝶や栽培者を魅了するペインテッド・デイジー、ピンク、赤、黄色、オレンジなどの鮮やかな色で大輪の花を咲かせ、切り花として最も人気のあるガーベラ・デイジーなどがあります。

デイジーの花には美しい意味があります。彼は私を愛している、彼は私を愛していない」というフレーズを唱えながらデイジーの花びらをむしるという、子供たちに人気のある遊びは、この意味に敬意を表したものです。

デイジーの迷信は、花が無邪気さを意味するように、赤ちゃんや子供にも関係しています。春に最初に咲くデイジーの花を子供が踏むと幸運になると信じられています。

スイートピー

スイートピーは4月の花

スイートピーは、蝶のような魅力的な花と人気のある芳しい香りで、遺伝学の分野で名を馳せたつる性の顕花植物です。アメリカ人にとっては、4月を象徴する花である。

スイートピーはマメ科に属し、最初に発見されたのはシチリア島でした。

学名のLathyrus odoratusは直訳すると「非常に情熱的な香り」となりますが、これはこの花が甘い香りを持ち、香水によく使われることに由来しています。聖パトリック・デーの夜明けにスイートピーの種を蒔くと、この花が最もよく育つという通説がある。

スイートピーは、19世紀初頭に盛んに研究・栽培されました。園芸家のハリー・エコールドは、スイートピーが観賞用として認められる道を開いたほとんどの品種の開発に大きく貢献しました。

スイートピーキングにちなんで名付けられた「ヘンリー・エコード」スイートピーは、鮮やかなオレンジ色のドラマチックな花を咲かせ、植物愛好家の間で評判になっています。

スイートピーの花言葉は「喜び」。花色は白、ピンク、黄色、青と幅広く、春の風に乗って甘い香りが漂うので、庭に置くだけで幸せな気分になります。

また、スイートピーの花は、旅立つ友人や愛する人に贈られ、送り主が彼らと過ごした素晴らしい時間を知らせてくれます。

5月の誕生花

リリー・オブ・ザ・バレー

すずらんは5月の花

甘い香りのすずらんは、Convallaria majalisとも呼ばれ、直訳すると「5月の谷」という意味で、イギリスでは5月を象徴する花として親しまれています。ユリ科ではなくアスパラガス科の植物で、ベル型の白い芳香のある花を次々と咲かせるのが特徴である。

甘い香りとは裏腹に猛毒の植物で、心臓に悪いと言われていますが、専門家が扱えば、皮肉にも植物薬としての効果が期待できます。

原産地はヨーロッパやアジアの寒い地域で、根茎と呼ばれる地下茎で成長する草本の多年生植物である。花の中肋が白いユーラシア大陸産のC.majalis majalisと、中肋が緑に近い北米大陸産のC.majalis montanaの2種類がある。

切り花や庭木として使われるようになり、品質が向上したものもある。ドラ」と「ロゼア」はどちらもピンク色の花を咲かせる品種で、「ボルドー」は花が大きく、茎が丈夫な品種である。

すずらんは、謙虚さ、貞節さ、純粋さを象徴している。この花には、妖精が花を杯にして飲んだという話や、女神マイアの息子が花を守ったという話など、魅力的な話がいくつかある。

また、愛するナイチンゲールが戻ってくるまで花を咲かせないユリの話がありますが、これは「幸せに戻る」という花の意味を表しているのでしょう。

その優れた特性から、スズランは世界各地で祝われています。フィンランドの国花であり、フランスでは労働者の日(5月1日)に幸運と感謝の気持ちを込めて花を贈ります。

サンザシ

サンザシは5月の花

アメリカ人にとって、サンザシは5月の花です。サンザシはバラ科に属し、食用、薬用、観賞用として経済的に栽培されてきました。サンザシはバラと同じように低木で成長し、魅力的な花と葉、そして独特のとげを持っています。

サンザシの学名はCrataegus monogynaで、木が丈夫であることと、果実が単粒であることに由来する。

果実はワインに、葉はお茶になり、胃や膀胱の病気に効果があるとされる。

サンザシは、その棘のある丈夫な性質から、強い景観植物として栽培されている。高さは25フィートにもなり、雑木林を形成して個人の庭の保護スクリーンやバリアとしての役割を果たすだけでなく、多くの鳥や哺乳類の住処にもなっている。お気に入りの品種は、コモン・サンザシとスムース・サンザシの2種類です。

イギリスでは、サンザシを家の中に入れると病気になって死ぬと信じられています。後に、サンザシの花から生成される化学物質が動物の腐敗組織でも生成されることが科学的に証明され、それゆえにサンザシが死を連想させるようになったのです。しかし、サンザシは何百年も生きられることから、幸福と長寿の象徴とされています。

サンザシの花は、甘さと謙虚さを意味し、サンザシの花から集めた露を浴びる若い女性は、美しく若いままでいることができるという古い童謡があります。

6月の誕生花

ローズ

バラは6月の花

愛らしいバラは、最も有名で定評のある花かもしれませんが、アメリカでは6月の花とされています。文学ではその物語と歴史が語られ、育種家は常に優れた品種を育てており、世界中でこの花の需要は常に高いものとなっています。

バラはバラ科に属し、多くの種類がありますが、この花の名前は愛の女神アフロディーテが息子のエロスにちなんで名付けたと言われています。

北半球では、気温が許される春にバラの花が咲きます。6月に花が多く咲くことが、その月の花とされる理由でしょう。

バラの原産地は中央アジアと考えられており、5000年前から栽培されている。

現在では40種類以上のバラが確認されており、それらは「家宝のバラ」と「モダンなバラ」の2つのグループに分類されます。モダンローズは、1867年にモダンローズが登場する以前から存在していたバラです。アルバス」、「ブルボン」、「ガリシア」などのヨーロッパ産の香り高いバラで、1シーズンに1回しか咲かないものを指します。

1800年代には、アジアからチャイナローズやティーローズが導入され、平凡なバラとの交配により、「ハイブリッド・ティー」「フロリバンダ」「グランディフローラ」など、複数の花を咲かせることができるカラフルなモダンローズが誕生しました。

バラの象徴は色によって異なりますが、一般的には愛と美を連想させる花です。赤いバラは情熱を意味し、白いバラは純粋さを象徴しています。

イギリスの歴史では、赤いバラはランカスター家の紋章であり、白いバラのヨーク家と王位をめぐって争った。最終的に戦争を終結させたのはヘンリー・チューダーであり、国花であるチューダー・ローズを考案し、2つの家を統合したのである。

シェイクスピアが "Of all flowers, methinks a rose is best. "と書いたほど、バラは特別な花なのです。

ハニーサックル

ハニーサックルは6月の花

ハニーサックルは、ヨーロッパ、アジア、北アメリカに自生するスイカズラ科の花木で、イギリスではその花が6月の象徴とされている。

最も一般的な種はLonicera periclymenumで、属名はドイツの植物学者Adam Lonicerにちなんで命名された。

ハニーサックルという一般名は、子供たちが花を摘んで筒状の花から甘い蜜を吸い出すことに由来しているのかもしれない。

ハニーサックルは、その派手な花と、土壌を保持して浸食を防ぐのに役立つ成長の早い特性から、素晴らしい景観植物である。

ハニーサックルには低木タイプとつる性タイプがある。シュラブタイプのL.fragrantissimaは、生け垣や鉢植えとして優れており、クリーミーホワイトの花は強い香りを放ちます。つる性のL.japonicaは丈夫な構造物に絡みつき、同様に素晴らしいものですが、その密な成長は他の植物を混同してしまうため、侵略的な植物とみなされています。

そのため、手で剪定したり、除草剤を使用したりして、成長しすぎた植物を取り除く必要があります。

ハニーサックルはその美しさで愛されていますが、この植物には魔女との明確な関連性があります。魔女たちは、ねじれたスイカズラの小枝を使って、陣痛中の女性の出産を妨げる儀式を行うと信じられている。また、身を守るためにスイカズラの花輪を身につけています。

否定的な意味合いに関わらず、スイカズラは一般的に甘い生活と永遠の愛を象徴している。この花を受け取った人は、幸運と真実の愛を手に入れることができます。

7月の誕生花

睡蓮(すいれん)

睡蓮は7月の花です。

睡蓮は、水の中で生活するユニークで美しい観賞用植物で、ニンゲン科に属しています。ギリシャ神話の水の女神Nympheに由来すると言われています。

光合成のために大きな葉をつけ、水に浮きやすいように弱い茎を作るなど、環境に合わせて進化してきた植物である。アメリカでは、スイレンは7月の花とされている。

これらの水生植物には、多年草と一年草がある。多年草のスイレンは、ヨーロッパ種と北アメリカ種の交配で生まれた丈夫な植物である。花は水面に浮かび、冬でも生き残ることができます。

一年草の熱帯スイレンは、ほとんどがアジア原産です。冬の間は休眠状態となり、香りのよい花が水面に浮かびます。人気のあるスイレンの種は、N. mexicana、N. elegans、N. odorataなどである(26)。

睡蓮の象徴としては、幸福、純潔、神の誕生などが挙げられます。睡蓮の花が夜になると閉じて朝になると再び開く習性は、ヒンズー教では復活を表し、仏教では泥の中から咲く睡蓮の花は悟りの象徴とされている。

中国では、結婚式での睡蓮の使用は、100年続く幸せな結婚を象徴している。

ラークスパー

ラークスパーは7月の花

ラークスパーは、風通しの良い茎に花が集まっているのが特徴の顕花植物である。キンポウゲ科の植物で、北半球が原産である。

花のつぼみの形がイルカに似ていることから、Delphiniumという属名がついたとされている。一方、一般名のラークスパーは、花の形がヒバリの爪に似ていることから名付けられたという。いずれにしても、イギリスではラークスパーは7月の花とされているほど、色鮮やかな花は夏の花として愛されている。

ラークスパーには「ベラドンナ」と「エラトゥム」という2つの自然の種類がある。ベラドンナは小型で、花柄は通常、ゆるくて直立している。これらは主にブーケのフィラーとして使われます。

エラタムは大型で、花穂が高く、花も大きい(27)。この種は、自然な青色を持つ数少ない花の一つであるため、フローリストの間で人気があります。

古い伝説によると、女神が天空を切り裂き、その一部をすくい取ってスパイクにした。女神がそれを大地に突き刺すと、空の小さな青い粒が付着し、それがラークスパーの花になったという。これにより、夏に咲く植物にふさわしい軽やかさや平穏さの意味が込められたのです。

ラークスパーの花の角状の形は、サソリや幽霊、悪霊などを寄せ付けないと言われ、ドアの上に吊るされています。花言葉は、白のラークスパーは屈託のないことを意味し、紫は初恋を意味します。

詳しくはこちらをご覧ください。ラークスパーの花の意味・象徴

8月の誕生花

グラジオラス

グラジオラスは8月の花

グラジオラスは、アヤメ科の花です。この花の名前は、ラテン語で剣を意味するgladiusに由来し、植物の葉が剣に似ていることに由来しています。

昔、戦いに勝った剣闘士にグラジオラスの花びらを浴びせたことから、「死かグラジオラスか」という言葉があります。アメリカでは8月の花となっています。

アヤメ科最大の属であるグラジオラスは、熱帯アフリカが原産と言われています。代表的なグラジオラスは、背が高く鮮やかな黄色の花を咲かせる「イエローストーン」、黄色を中心としたクリムゾンレッドの花を咲かせる「クラウディア」、花頭に白い小花がぴったりと並ぶ「アラスカ」などがあります。他にも、大胆な色や混色の花形を持つ品種もあります。

この繊細な花の誕生秘話は、2人の兄弟が若い女性の愛を求めて争ったというものです。刀を抜いて戦った2人は死んでしまい、その跡に血のように赤い花を咲かせた2本のグラジオラスが生えました。このことから、この花には「名誉」「力」という意味が込められています。

グラジオラスの花言葉は「熱愛」であり、受け取る側が送る側の心を突き刺したことを意味しています。

ポピー

ケシは8月の花

ケシは学名をPapaver rhoeasといい、パパイヤ科の植物の特徴である乳白色の樹液を出すことから「赤いミルク」を意味し、ケシの花の色が赤であることから「赤いミルク」と呼ばれている。

ポピーは拡散しやすいため、広大な土地を覆ってしまうが、雑草とは思えないほどきれいな花で、赤い花が咲き乱れる畑はいつ見ても美しい。

ポピーの原産地は東地中海で、豊かな文化と歴史の一部となっています。代表的なものに、普通のケシ(P. rhoeas)とアヘンのケシ(P. somniferum)があります。

両種とも薬効がありますが、普通のケシは食用や山水植物としてより広く利用されていたのに対し、アヘンケシはそこから得られる強力な樹液のために薬としてより重要になりました(29)。

若い女の子には、ケシの花びらを手のひらに乗せて叩くという古い伝統があります。花びらがはじけて音がすれば、その子犬の愛は真実で誠実なものだが、音がしなければその逆である(12)。

ケシの種は、土の中で100年以上も眠っていることがあり、光が当たるように邪魔されて初めて発芽する。第一次世界大戦では、爆撃、塹壕掘り、大量の墓などによってヨーロッパの土壌が破壊されたため、ポピーの花が咲きました。

ポピーの花の意味は、住んでいる地域によって異なります。第一次世界大戦で失われた命を追悼するために、ケシの花のネックレスが着用されました(29)。ポピーが沈黙と慰めの象徴となり、イギリスでは8月の象徴的な花となったのもそのためでしょう。

9月の誕生花

アスター

アスターは9月の花

アスターはギリシャ語で「星」を意味し、キク科の可憐な花を指します。ある伝説によると、女神アステレアが夜空に星がないのを見て泣いたそうです。彼女の涙が落ちた場所には、小さな星のような花を咲かせるアスターが生えていました。

イギリスでは、アスターは9月の花とされています。アスターは秋の涼しい風を好み、この月に満開となります。アスターは通常、ブーケのフィラーや庭のコンパクトなボーダーとして使われるほか、胃痛や発熱の治療薬としてお茶に入れられることもあります。

600種のアスターのほとんどが北米原産である。アスターは、ニューイングランドアスターとニューヨークアスターの2種類に分けられる。ニューイングランドアスターは背が高く丈夫で、赤、ピンク、紫、白などのコンパクトな花をいっぱいに咲かせます。開花時期は早く、通常は真夏から晩夏にかけて開花します。

晩夏から初秋にかけて開花するニューヨークアスターは背が低く、茎は細く、花は主に紫です。体質的な違いはあるものの、どちらの種も多年草であり、維持するのは容易である。

アスターは一般的に忠実さと知恵を象徴しています。黄色いアスターはその日を楽観的にし、青いアスターは冷静さと安定をもたらし、白いアスターは新しい始まりを象徴すると言われています。

また、アスターの花は愛のお守りとも言われており、恋人たちがこの花を交換すると、二人の関係が末永く続くと言われています(21)。この花は、9月29日の聖ミカエルの祝日に使われます。

アサガオ

アサガオは9月の花

アサガオはヒガンバナ科の植物で、直訳すると「絡みつく」「引きずる」という意味になります。アメリカで9月の花と呼ばれているアサガオは、メキシコや中央アメリカが原産のイポメア・プルプレアという植物です。

つる性の植物で、ハート型の葉と漏斗状の花を持ち、通常は紫や青の色合いをしています。花は一瞬ですが、地面や頑丈な構造物に絡みつくことで、あっという間に庭を覆うことができる素敵な植物です。

現在、アサガオの種類は1000種類以上が確認されている。ムーンフラワー」は、玉虫色の大きな白い花を一晩中咲かせます。ウォータースピナッチ」は、アジアで多くの料理に使われている。Ipomea batatasは、ジャガイモのような塊状の根を育て、それも食用にすることができる。

多くの植物は美しい花を咲かせるために栽培されていますが、食用として栽培されているものも多く、特にアジアの品種が有名です。実際、多くの品種が食用の景観づくりに利用されています。

朝顔は、愛と愛情を意味します。儚い花は1日しかもたず、中国の民間伝承では、恋人たちが出会うことのできる日を意味します。また、アサガオは、神からの栄光の贈り物である真新しい一日を意味しています。

10月の誕生花

マリーゴールド

マリーゴールドは10月の花

マリーゴールドは、Calendula officinalisとTagetes erectaという2つの異なる種を指します。

主に観賞用の植物で、薬や料理の材料としても使われますが、キリスト教やアステカの宗教上の歴史において重要な意味を持っていました。

名前の由来は、Mary's Goldを短縮したもので、聖母マリアにちなんだものです。マリアは花の頭をお金の代わりにして食べ物を買っていたと考えられています。イギリスでは、マリーゴールドは10月の花とされています。

マリーゴールドもキク科の植物で、そのルーツはアメリカ大陸にあります。その名の通り、黄色やオレンジ色の花で、4つのタイプに分類されます。

フレンチマリーゴールド」は、秋から夏にかけて成長する丈夫な植物です。黄色とオレンジ、そしてわずかにマロン色を帯びた花を咲かせ、庭植えや鉢植えに適しています。シグネット・マリーゴールド」は食用で、サラダの彩りによく使われます。黄色い花の形成は、小花が一列に並んでいます。

アフリカ/アステカ・マリーゴールド」は、花が大きく、どちらかというとフラワーアレンジメントに使われることが多い。花の形はフランスの品種に似ていますが、花が大きいのが特徴です。

最後に、「トリプロイド・ハイブリッド」は、フレンチ・マリーゴールドとアステカ・マリーゴールドの交配種で、大きくて明るいオレンジ色の花は、庭やブーケに最適です。

マリーゴールドの花の意味や象徴について言えば、アステカではマリーゴールドは神聖なもので、神殿の装飾に使われていましたが、スペイン人が彼らの帝国を征服したとき、この花にはまったく新しい意味が与えられました。マリーゴールドは、スペイン人が盗んだ金にかけられたアステカ人の血の表現となったのです。

今日のメキシコの伝統では、マリーゴールドはflor de muerto(死の花)と呼ばれ、悲しみや痛みを表しています。しかし、マリーゴールドは情熱と創造性の象徴でもあります。祭壇や神殿に飾られる色とりどりの花輪に使われています。

コスモス

コスモスは10月の花

コスモスはメキシコ原産の植物で、アメリカでは10月の花とされています。スペインの司祭が伝道庁の庭で栽培し、花びらが調和していることからコスモスと名付けました。

最も一般的な種はキク科のC. bipinnatusで、花の色は通常、赤(Rubenza)、ピンク(Antiquity)、白(Sonata White)があり、必ず中心が黄色になっている。色とりどりの花と細長い茎が評価され、景観植物として人気を博している。

もう一つの種、C. sulphureusは、同様に魅力的で優美であり、熱帯地方では一般的な蚊取り植物の一つとして知られています。この種は、黄色、オレンジ、赤などの色で有名である。

コスモスはその名の通り、バランスと秩序を象徴する花である。大切な人にこの花のブーケを贈ると、手を取り合って豊かな愛を分かち合いたいという願いが込められているそうです。

11月の誕生花

クリサンセマム

菊は11月の花

菊(マム)は、世界で最も重要な観賞用作物のひとつです。中国で初めて栽培され、その後、日本やヨーロッパに伝わりました。

鉢植えや庭植えはもちろんのこと、切り花としても人気があります。ギリシャ語で「金」を意味する「khrusos」と「花」を意味する「anthemon」に由来する菊は、当初は黄色と白の2色でしたが、現在ではさまざまな形があります。

イギリスでは、マムは11月を象徴しています。

菊は非常に人気があり、広く栽培されているため、多くの分類があります。アンバー・モーニング」のような一重のマムは、花弁が5列に並んだ中心の平らな花です。ポンポンマムは、「ベビーティアーズ」や「ピクシー」のように、小さな球状の花です。

サンブレイク」のようなアネモネ・マムは、中心が盛り上がり、その周りを短くて濃い色の花びらが取り囲んでいます。また、「アナスタシア」のようなスパイダーマムもあります。これは、長い花びらが茎の上に乗っている蜘蛛のように見えることからその名がついたそうです。

日本では、君主制は菊の御紋と呼ばれ、その紋章はマムブロッサムである。日本には、菊の花に囲まれた山の湧き水を飲んで100年生きたという伝説があります。

しかし、11月の花は死者のイメージが強く、葬儀の際に贈られる花でもあります。しかし、菊は、寒い季節にたくさんの花を咲かせて喜びをもたらすことから、陽気さや楽観性の象徴でもあるのです(34)。

牡丹

シャクヤクは11月の花

シャクヤク(Peonia officinalis)は、シャクヤク科の多年草として33種類が確認されています。

シャクヤクは色鮮やかな花を長く咲かせることで知られており、何世紀にもわたって愛されてきた花である。シャクヤクは中国原産の植物で、その人気の高さから「花の王」と呼ばれている。

しかし、シャクヤクは古くから観賞用に栽培されていたわけではありません。最初は出産したばかりの女性が飲むお茶に使われる薬草として栽培されていました。アメリカでは11月の花とされています。

シャクヤクには草本系、樹木系、交雑系があります。草性牡丹は、5月から6月に開花し、花は7~10日間持続する、手入れの簡単な植物です。

ツリータイプのシャクヤクは、5月に開花し、花は14日間持続します。交差型シャクヤクはこの2つの交配種で、1株あたり30〜50個のより長持ちする花を、通常3〜4週間咲かせることができます。

シャクヤクの花の意味には多くの物語があります。ギリシャ神話では、美しいが内気なニンフ、パエオニアがいて、アポロの目に留まりました。二人が交流するうちにアフロディーテが嫉妬し、ニンフを赤い牡丹に変えてしまった。

また、この花は月の光を放ち、夜になると光って悪霊を追い払い、植物が生えている家の近くを守ってくれます(12)。これらのことから、牡丹の花は恥ずかしがり屋の象徴とされています。

12月の誕生花

ポインセチア

ポインセチアは12月の花

ポインセチアは、その印象的な色と豪華さで、クリスマスのユニークな花です。イギリスでは12月の花として扱われています。アメリカ大使で植物学者のジョエル・ロバーツ・ポインセットが、メキシコからアメリカに持ち込んで人気を博しました。

ポインセチアの名前はアメリカの植物学者にちなんで付けられましたが、学名はEuphorbia pulcherrima(ユーフォルビア・プルチェリマ)で、直訳すると「最も美しいユーフォルビア」です。花びらのように見える赤い部分は、苞(ほう)と呼ばれる葉が変化したものです。

ポインセチアは短日植物で、日照時間は最大でも10時間しか必要なく、有名な赤の色合いを保つために寒冷地を好みますが、今日ではさまざまな色のポインセチアが存在します。

赤以外の色としてはピンクが最初で、次に白が登場しました。現在では、斑入りの色やカールした苞(ほう)、大きなサイズのものもあります。

花言葉は「成功」と「祝福」。ポインセチアはホリデーシーズンの飾り付けによく使われますが、これはこれまでの月日を祝福し、実りある新しい年の始まりを待ち望む気持ちの象徴です。

キリスト教徒にとっては、ポインセチアはベツレヘムの星の象徴であり、赤い色は人間の救済のために流されたキリストの血を思い起こさせるものです(36)。

ホリー

ホリーは12月の花

象徴的な存在であるヒイラギは、宗教的に重要な意味を持つ花や果実の一つを生み出します。アメリカでは12月のシンボルとなっている。ヒイラギはIlex aquifoliumとも呼ばれる常緑低木で、光沢のある針状の葉と赤い実で知られています。

雌雄異株で、雄花と雌花が別々の株に咲くため、印象的な実をつけない株もあります。他の種は落葉性で、来るべき冬の季節に適応するために、秋には葉を落として裸になります(37)。

ホーリーは北アメリカ原産の植物で、宗教的な習慣と結びつく前は、薬として使われていました。葉の濃いお茶を飲むと、便意や嘔吐を催すという。

キリスト教で教会にヒイラギを飾る習慣は、ローマ人がサトゥルナリア祭を祝うために行っていたことに由来しています。友人にヒイラギの小枝を送るのは、健康と幸福を祈るためです。

ヒイラギは常緑樹で、冬の季節にも耐えることができ、キリストの復活を象徴しています。また、困難な時期の生命力と創造性を意味しています。

ナルキッソス(ペーパーホワイト)

ナルキッソスは12月の花

ペーパーホワイト(白水仙)は、アメリカ人にとって12月の公式なシンボルのひとつです。ペーパーホワイトは水仙と同じくアマリリス科の植物で、学名のNarcissus papyraceusは花が紙のように見えることに由来する。

ギリシャ神話の虚栄心の強いナルキッソスの話から、この花は自尊心や虚栄心を連想させます。12月の誕生花として、忠実さと尊敬を意味し、休暇中の高揚感の象徴となっています。

-