スパティフィラムの花の意味と象徴性

スパティフィラム

スパティフィラムは、平凡な家庭でも育つことから、人気の高い観葉植物です。薄明かりの中でも耐えることができますが、窓際に置いて、1日12時間以上は人工的に光を当ててください。

象徴的な意味やメッセージが込められていることから、最も人気のある植物のひとつであると言われていますが、あなたのスパティフィラムにはどのような意味が込められていますか?

この記事では、あなたが自分の観葉植物を正しく理解するために、その他の様々なpeacelilyの意味や象徴をご紹介します。

スパティフィラムの意味とは?

古くから平和の象徴として用いられ、葬儀や病室などで心を落ち着かせるために用いられています。

また、花の形が手を伸ばしているように見えることから、"谷間の花 "や "手のひらの花 "とも呼ばれています。

この花の背景にあるテーマやシンボルは、名前にも表れています。

スパティフィラムは、サトイモ科の約47種の顕花植物を含むグループであるSpathiphyllum属のメンバーです。一般的にはスパティフィラム、ピースリリーと呼ばれています。

学名はSpathiphyllumcochlearispathumで、spathaはaspathe、phylumはleaf(葉)を意味します。

スパティフィラムは何を象徴しているのですか?

この植物の葉は通常、緑色で白のストライプや斑点がありますが、これは「純粋さ」と「無邪気さ」という、青春に結びつく2つのイメージを象徴しています。

仏教文化や人生の知恵を探している人によく見られます。

平和の象徴は、幸運の象徴である場合もあれば、自分と周りの人との調和を保ちながら生きていくことを象徴する場合もあります。

スパティフィラムの文化的意義とは?

孔雀は、1800年代から親しまれてきた室内植物です。孔雀の種類はさまざまですが、共通しているのは、長い緑の葉と白い花です。

孔雀は平和と繁栄の象徴であり、何世紀にもわたってイエス・キリストの復活を祝う宗教儀式に用いられてきました。 因みに、孔雀の葉を切ると24時間以内に生えてくると言われています。

どんなときにスパティフィラムを贈るの?

孔雀は植物の一種で、人生の美しさや静けさを象徴する花としてよく使われます。そのため、感情や気持ちを和らげ、幸福感を高めるシンボルとなっています。

また、ポジティブなエネルギーを高めることでバランスをとり、ストレスを軽減することができるので、健康診断にも最適な花です。

-