マートル(ギンバイカ)の意味と象徴

ギンバイカ

マートルは、西アジア、ヨーロッパ南部、アフリカ北部が原産のフトモモ科の植物で、マートルズ、コモンマートル、トゥルーマートルとも呼ばれています。常緑の低木や小さな木で、高さは約1.5mほどにしかならず、庭に植えると華やかな印象を与えます。

しかし、本当のところはどうなのでしょうか?マートルの花には、深い象徴性があります。この記事では、マートルの花の意味をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

マートルの意味とは?
マートルツリーの象徴を理解する前に、この言葉の実際の意味を理解することが重要です。

中世英語後期の言葉で、ラテン語の "myrtilla "または "myrtillis "が語源となっています。この名前は1753年頃にリンネが花を咲かせる植物の属全体に付けたものです。ゆるやかに翻訳すると "苦い "という意味になります。

また、ギリシャ語に由来する女の子の名前で、豊穣、平和、若さなどのテーマに関連しています。

ホワイトマートルの花
マートルの花が象徴するものは?
マートルの花には興味深い意味があります。愛情や美しさを象徴しています。マートルの花は、花嫁の純粋さと無邪気さを表すため、結婚式の儀式によく使われます。また、愛と豊穣の女神として知られるヴィーナスと結びついていることから、豊穣の象徴でもあります。

マートルの花には、他にも様々な意味があります。最も一般的な意味は、愛と貞節、そして勇気です。また、ある文化では、平和、静けさ、幸運を表します。マートルの花は、何世紀にもわたって、ヴィーナスとミネルバを称えるローマのお祭りの花輪に使われてきました。

マートルの花の意味
マートルの花の文化的意義とは?
マートルの花は、緑の低木で、香りのよい小さな花を咲かせます。この植物は、地中海地域と北アフリカが原産です。古くから薬草として使われてきました。マートルは、料理で肉に香りをつけたり、天然の防虫剤として使われたりと、さまざまな用途があります。

マートルの花の意味は、神秘と思索。この植物は、その癒しの効果から多くの文化で長い歴史を持っています。ローマの女神ヴィーナスは、豊穣と愛の象徴であるマートルを持っている姿がよく描かれていました。キリスト教では、聖ヨハネがこの木の葉を摘んで、イエス自身の洗礼に使われたオイルを作ったと言われています。

マートルタトゥーの象徴は何ですか?
マートルタトゥーは、人生の儚さを思い出させたり、亡くなった人を象徴したりするために使われます。いくつかの文化では、この種の植物はその象徴として婚礼や葬儀に使われているので、結婚するときにマートルタトゥーを入れるのも適切かもしれません。マートルのタトゥーは、平和、愛、繁栄を象徴しています。

いつ誰かにマートルの花や植物を贈るべきですか?
いつ誰かにマートルの花や植物を与えるべきでしょうか?彼らはあらゆる機会のための完璧な贈り物です。マートルは、愛と貞節を連想させるので、結婚式の日の贈り物に最適です。また、大切な人への愛情表現として贈ることもできます。

しかし、マートルの花や植物を贈るのに最適なタイミングは、愛する人を失った後など、相手がつらい状況にあるときかもしれません。そうすることで、相手の気持ちが楽になり、自分のことを心配してくれている人がいることを理解してもらえるでしょう。

-