アマランサスの花の意味とシンボリズム

アマランサス

聖書に登場するアマランサスは、聖なるものとされていた聖書の時代まで遡ることができ、イエス・キリスト自身もこの雑穀を食べていたかもしれません。「アマランサス」という言葉は、"永遠 "という意味です。

アマランスの意味とは?

アマランサス(学名:Amaranthus)は、アマランサス科の一年草・多年草の植物の総称です。

草丈は3フィートほどになり、花の色は紫、ピンク、赤、白、黄色と様々です。

アマランは古くから利用されてきたポピュラーな穀物で、世界で最もよく栽培されている作物の一つであり、中央アメリカ、古代ギリシャ、ローマ、エジプト、中国ではよく食べられていました。

アマランサスは、約200種の草本・低木からなるアマランサス科の植物で、アマランサスの名前はギリシャ語のἀμάραντος(「衰えない」)に由来します。

アマランサスの花は何を象徴していますか?

古くから観葉植物や食用作物として利用されてきたアマランサスの花には、さまざまな意味が込められています。最も一般的な意味としては、不死と不滅の生命を表すことが多いとされています。

アマランサスは太陽と光の賜物であると考えられています。アマランサスの苗は通常、日当たりの良い温暖な地域に生育し、古代文化では世紀を超えて、再生、不死、純潔を意味するものとして使用されてきました。

アマランサスの花の文化的意義とは?

アマランサスは色とりどりの花を咲かせる草花の一種で、昔は切り傷がつかないことから不老不死や永遠の命と結びつけられていました。 この花は神への供物とされ、ギリシャでは墓所の装飾に使われていました。

古代ギリシャのシンボルの一つとして使われているのは、パルナソス山に咲く野草の一つであり、この花は永遠の命を象徴するものとして知られています。このシンボル主義は、古代ギリシャ時代の彫刻、宝石、陶器、絵画などに見られ、その時代に美と力で人気のあるシンボルでした。

また、ギリシャ神話では、アドニスが死んだときに流れ出た血から咲いた花の一つとされています。

アマランサスの原産地は南米のアンデス地方と考えられており、インカやアステカでは食されていましたが、やがて廃れていきました。ヨーロッパでは、アマランサスには硝酸塩が含まれているため、ヘモグロビン血症や「ブルーベイビー・シンドローム」の原因になると考えられ、毒物とされていました。

シンボルマークのアマランスのタトゥーとは?

アマランスタトゥーのシンボルマークは人によって様々です。ある人は力強さや忍耐力を、またある人は自分が世界の一員であることを示すものです。

枯れない花としてギリシャ神話や世界の文化でも人気の高いシンボルです。このシンボルがあるからこそ、人々は永遠の命への憧れを示すことができるのです。

いつ誰かにアマランサスの花を贈るのですか?

愛と美の象徴である向日葵は、難解ですが、永遠の命や平和への希望を表しているのではないかと考えられています。向日葵を贈ることは、賞賛、友情、愛の証になります。

世界の各地では、結婚式の日にカップルがお互いに双子の花を贈ることで、その愛が永遠に続くことを示すことが流行っています。

 

-